スタッフブログ

03 20

投稿者: staff_user
2018年3月20日 15:00

寒かった冬がようやく終わりを見せ、新学期や桜が開花し始める時期は、なんだかウキウキしますね

 

 

しかし、暖かいはずなのになんだか冷えを感じる…なんてことはありませんか

 

その症状、実は「春冷え」かもしれません。

 

 

 

筋肉量の少ない女性や、高齢の方だけでなく、季節の変わり目の「冷え」は男性をも苦しめることがあります。

 

「冷え」はあらゆる不調のサインともいえ、体を温めることは健康に過ごすためにとても大切なのです。

 

 

さて、体を温めるもののひとつに、「ココア」があります。

 

寒い冬におなじみのココアですが、飲むとほんのり苦みを感じますよね。

その苦みの成分である「テオブロミン」には、血行促進効果が認められています。

血管を拡張させることで血流を良くし、自然と体が温まるようです。

 

また、このテオブロミンには副交感神経を刺激し、リラックス効果をもたらす作用もあります。

そのため、寝る前に飲むと体が温まり、リラックスした状態で入眠できるので、ぐっすりと寝ることができるそうです。

 

 

 

ココアを飲むときに気をつけていただきたいことが、「砂糖の取り過ぎ」です。

 

砂糖を多く摂取すると血糖値が急激に上昇し、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

どうしても砂糖たっぷりの甘~いココアが飲みたくなりますが、ココアの効能を最大限に堪能するためには、ぜひピュアココアを選んでください。

 

 

 

これはその名の通り、砂糖などの添加物が入っていないココアで、甘くありません。

 

ピュアココアに、はちみつやミルクを加え、飲みやすくすることでココアの効果を実感できるはずです。

 

 

まだもう少し、朝晩が冷える時期は続きそうですが、ココアを飲んで乗り切りましょう

Tags:

ページトップへ戻る

キーワードで探す